基礎代謝を高めて体脂肪減

『7体脂肪は基礎代謝を高めて減らす』


『基礎代謝を高めて体脂肪減』


自分が一日にどれだけエネルギー量を消費しているのか知らないまま、体脂肪を減らす計画を立てるのは無意味です。


毎日の生活の中で消費するエネルギーには三種類あります。何もしなくても生命を維持するために生理的に行っている活動で使われる「基礎代謝」、運動などの活動時に使われる「生活活動代謝」、食事をして摂取した栄養素を体内で分解するときに使われる「食事誘導性熱産生」です。大まかなところ、順に七割、二割、一割を占めています。


体脂肪対策を考えるとき、割合の大きい基礎代謝を向上させるのが、もっとも効率がいいのはいうまでもありません。

 

この基礎代謝ですが、男女では女性の方が低いのが普通です。また、年齢とともに低下します。


最も高いのは成長期のころで、それを過ぎると徐々に下がってきます。特に40歳を境目にいっそう低下が顕著になります。


もし、加齢のため基礎代謝が下がっているのに、若いころと同じような満腹感を求め食事をとっていると、エネルギー過多となり、体重や体脂肪が増加することになります。ですから、特にトラブルがなくても、年齢とともに、食事の内容と量を見直す必要があります。


ただし、基礎代謝の量は、運動量を増やし筋肉を増やすことで、維持・向上させることができます。


また、低体温・低血圧、肩こり、腰痛・腰痛、冷え性などの症状は、多くは基礎代謝の低下がかかわっているともいいます。


もし、年齢とともに体重が増加してきた、特に原因は見つからないが体調がすっきりしない、という人は、多少の満腹感を犠牲にしてもエネルギー摂取を控えめにするか、筋肉が増えるような運動を行う必要があります。


このページの先頭へ戻る