有酸素運動の代表ウオーキング・ジョギング

『8定番のウオーキング・ジョギング』


『有酸素運動の代表ウオーキング・ジョギング』


体重を運動で減らすには、息が切れるような激しいものは必要ではありません。むしろ、ゆっくりとした有酸素運動の方が適しています。


有酸素運動では一般的に、最初の20分は体脂肪ではなく、糖質が使われます。つまり、体重や体脂肪を減らすのが目的ならば、どんな有酸素運動でも20分以上行う必要があります。


有酸素運動の代表的なものは、ウオーキングやジョギングです。正しいフォームや呼吸法を覚えるとより効率的に脂肪を消費できます。


フォームの基本はあごを引き、目線は真っすぐ正面。背筋を伸ばし、腰は同じ高さを維持します。肩の力を抜き、腕の動きはリズミカルに。足を前に振り出すとき、ひざを伸ばしておくと、無理なくかかとから着地でき、地面をけるのも自然とつま先からになります。


呼吸法はいくつかありますが、初心者におすすめなのは、「2ビート呼吸法」です。つまり、2回息を吐いて2回吸うのです。このとき、鼻から吸って口から吐く「腹式呼吸」を使えばより効果的です。


シューズは初心者には通気性がよく、クッションが利いているものがいいでしょう。足首が固定されているものは、万一転んでもねんざなどを防いでくれます。


ウエアは当然、動きの邪魔にならないような軽装を心がけましょう。


けがなどのトラブルを防ぐためは、十分なウオームアップとクールダウンが必要です。また、気温の高い夏場は脱水症状の危険性があります。運動の最中も、のどの渇きを覚える前に早めの水分補給を行いましょう。


このページの先頭へ戻る