献立にはこの食材を

『22献立に取り入れたい食材』


『献立にはこの食材を』


ダイエットメニューでは、全体の食事の量を減らしてカロリーを抑えるよりも、できるなら量は変えず、カロリーの低い食材を選びましょう。そうすることで、必要な栄養素を確保しやすくなります。


必要な栄養素まで減らしてしまっては、筋肉が衰えるなど、肥満以外のトラブルが出る可能性があります。


その必要な栄養素とは、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどです。


ダイエットメニューによく用いられる低カロリーの食材は、海藻、きのこ、野菜、こんにゃくなどです。


わかめはカルシウムが、ひじきにもカルシウムや鉄分が含まれています。昆布はコレステロールを抑えるのに必要なアルギン酸が豊富です。


キノコ類には食物繊維が含まれています。味や香りもよいため、食卓のいろいろな場面で活躍しそうです。


野菜にはそれぞれの種類ごとに、色々なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。これらはほかの食材だけでは不足しがちです。積極的に野菜をとるようにしましょう。


近年話題になることの多いのがこんにゃくです。こんにゃくはほぼ0カロリーといってもいいくらいです。ご飯のおかずとしてだけではなく、ゼリーのような形でおやつにされたり、ラーメンに小麦のめんを使わず、代わりに用いられることも多くなってきました。


また、乾物類も忘れてはなりません。生のままより、栄養価が高い上、多くのものは食物繊維が豊富です。様々な種類があり、保存も利きます。ストックしておけばきっと役に立つときがあるでしょう。




このページの先頭へ戻る