ダンスなら続けられるかも

『15飽きずに続けられるダンス』


『ダンスなら続けられるかも』


体脂肪を減らすのに有効な有酸素運動ですが、根気強く持続することが必要なのに、単調で飽きやすいものが多いのも事実です。


「これまで途中で挫折したことがある」「もともとなにをやっても三日坊主だ」という人には、ダンスは有力な選択肢です。


ダンスは当然、音楽と振り付けでできています。もし、これらを楽しむことができるようなら、時間を忘れて踊っているうちに有酸素運動ができてしまいます。


手軽に始められるものの代表は、なんといってもフラダンスとベリーダンスです。


フラダンスの動きはとてもゆったりしており、体脂肪対策には大して役立たない、と思われるかもしれません。


が、基本の姿勢が中腰で、これを維持するだけでも、相当な運動量になります。ひざや腰に荷重がかかるだけではなく、おしりも動かします。下半身に脂肪がつきがちな女性には、特に適したダンスといえます。


ベリーダンスは、アラブ文化圏で発展しました。ベリー(Belly)とは英語で「おなか」の意味です。その名の通り、おなかの筋肉の動きを強調した扇情的な踊りです。


上半身と下半身が別々の動きをするため、特にコアマッスル(身体の深層部の筋肉)が鍛えられます。これにより、体脂肪消費は当然のこと、骨盤のゆがみ矯正、デトックス効果まで期待できます。


ダンスにはほかにも、ワルツやサンバなど競技会で行われるものだけでも10種類、さらにはジルバやマンボなど無数の種類があります。何を選べばいいか迷うところでしょう。


が、まずは、飽きずに続けるということを第一に考え、ご自分の趣味にあったものでいいでしょう。


このページの先頭へ戻る